東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 いよいよ大詰め
2005年12月31日 (土) | 編集 |
お久しぶりです。こんばんは。
最近パソコンに触れる機会がなかったので、
ブログともご無沙汰しておりました。
そうこうしているうちに
今年もいよいよ大詰めをむかえてしまいました。
ただいま厩舎のパソコンから発信中でございます。
今夜のディナーはお鍋です。
小生と山本君で準備をしました。
味は保障いたしません。

まあ早いもので今年も後、数時間になってしまいましたね。
今年もいろいろとありましたが、なんといっても
馬術部に入ってしまった・・
もとい、入ることが出来たのが一番大きいです。
そんなわけで馬術部にはいることがで

とここまで書いたところで
ご飯の時間になったので
中断しましたが
その間に小川直也
は負けてしまいました。
それでも今日の厩舎は人がいっぱいいます。
現在、サブちゃんが歌っています。
もう紅白もおわりで
メインイベント「行く年来る年」
の時間です。
行く年をおしみつつ
ここで馬術部今年の10大ニュース
1 リンリン離厩
2 ブラックやってくる
3 宇大戦準優勝
4 ホームページリニューアル
5 メイゲツ手術
6 猫大いに太る
7 馬術部体操構想
8 ○○○○○購入
9 パワプロ大流行
10 HG大流行
番外 山本君登場
   部室がきれいになった・ぱらぱら
独断と偏見で田河が選びました。
やばいのは8と9と10だと
今、磯さんがおっしゃっていました。
というわけでいろいろあった一年でしたが
今年は大変お世話になりました。
個人的には
山中でゲロッピー
になった小生を助けてくれた牧さん
に感謝を!!
来年はまず
新入生を大量獲得して
馬術部帝國を築きましょう。

紅白歌合戦白組勝利の報・蛍の光を聞きつつ
2005年12月31日
寒い部室の片隅にて
スポンサーサイト

 もうすぐ冬休み
2005年12月17日 (土) | 編集 |
こんにちわ。最近寒いです。今日も寒いです。昨日は最悪でした。私が高校時代から使っている最強装備でも寒かったです。このままでは、寒い寒い三鷹の冬は超えられそうにありません。本当に凍死してしまいそうです。このままでは犬死です。そこで今日は私が心の温まるお話をします。

最近のメイゲツはスーパーホースです。特に速足なんかは破行しているとはとても思えません。脚と手綱の使い方を間違えようものならすぐにスーパー速足になってしまいます。メイゲツのいいところはそれだけではありません。メイゲツは装蹄名馬なのです。装蹄(そうてい)というのは馬の蹄(ひづめ)の裏につけている鉄の履物(蹄鉄)を交換する作業のことです。装蹄のときは我々部員が蹄鉄(ていてつ)を外し職人さんたちが蹄鉄をつけるのですが、マツゼンを筆頭とするほかの三頭はじっとしていてくれません。しかしメイゲツは違います。何もなかったかのようにじっとしていてくれるのです。静かなること林のごとく動かざること山の如しです。

話は変わりますが、芭蕉が詠んだ
 
    まつしまや ああまつしまや まつしまや

というこの句は悪魔です。中学の定期試験の時「芭蕉の書いた俳句を1つ書け」という問題があってこの句を書いたのですが実はこの句、芭蕉が書いたわけではないのです。皆さん知っている方も多いかもしれませんが、この詩はある本の著者が芭蕉の気持ちになって書いた句だったのです。                       おしまい

 行く年・来る年
2005年12月16日 (金) | 編集 |
年の暮れ、大晦日、大掃除、年越しそば、除夜の鐘…等々。
これらの言葉を聞くと、なんだかそわそわしてきます。
長いようで、短かった一年の総決算。
「大晦日定なき世のさだめかな」井原西鶴

昨日見ていたNHKの天気予報のキャスターが
「今年ももう半月…」と言っていました。
いろんな所に暮れの気配が漂い始めます。
日誌の予定欄にはもう年末年始の日付を書き込みました。

一月一日。元旦はいつも晴れているような気がします。
中学生の頃、仲の良かった面々で大晦日から集まって
初日の出を見に行ったことがあります。
初日の出を見終わって、皆で家に帰る途中
快晴の元旦のぴりっとした空気が印象に残っています。
「去年今年貫く棒のごときもの」高浜虚子

先週の武蔵野市民馬術大会が終わった後、
なんだか疲れがわっとでて、ちょっと
整理をつけるまで時間がかかりました。
自分なりには無事まわって来れたので
良かったと思います。
でも、馬場馬術をしているとは言えないので
これから頑張りたいと思います。

と、なんだか柄でもなく感傷的な波が
襲って来たのでしたが、馬術部の様子を
撮って来たのでご覧あれ。

 VFSH0033.jpg

黄昏の厩舎

VFSH0038.jpg

武蔵野大会にて 競技が終わり一息つくアトムさんとブラックさん

VFSH0036.jpg

部班競技にはメイゲツ君に似ている馬がいました

VFSH0029.jpg

厩舎のおでぶ

以上、自己満足的な駄文


 馬術部七不思議その2
2005年12月16日 (金) | 編集 |
こんばんわ、お久しぶりです。最近私のパソコンの調子がおかしくってまったくもってブログを見ていませんでした。←土下座

そうそう、先日武蔵野というところで大学馬術(?)デビューを致しました。結果はま~惨敗東大馬術部内でボリッケツを取ってしまいました。ちなみに試合後山口審判に好評&批評を聞きに行ったところ「記憶に残ってない」と言われてしまいました。

ところで、先日また馬術部七不思議がおこったのです。あれは武蔵野の後のある練習中の出来事でした。その日は元主将の稲垣さんが練習を見に来てくださっていました。練習も終わり手入れをしていた時のことです。稲垣さんが馬具庫(乗馬に使う道具が置いてある倉庫)から出てきてこういいました。「○○がない」自分はその時稲垣さんが何がないと言っているのか聞き取れなかったのですが、隣にいた現副主将の磯さんは聞き取れたみたいでした。そして「それなら馬具庫にありませんか?」と言って二人で馬具庫に入っていきました。稲垣さんと磯さんが出てきたのはそれからまもなくのことです。稲垣さんの手には何かが握られていました。そして稲垣さんは言ったのです。「さっきまでは確かになかったんだけどな~」あぁ、なんと言うことでしょう。
さっきまで無かった物が突然現れたのです。
こんな事が世の中に存在してもいいのでしょうか。                                     おしまい


あーあー、私ヤマモ㌧のブログは長い&つまらないで不評&不況ですが、今日を逃すと次はいつになるか分からないのでもう少しかきたいと思います。

このブログを読んでいるナイスな君はもうクリスマスの予定をきめたでしょうか?私ヤマモ㌧は二年続けてロンリー・クリスマスを迎える予定です。そう、ロンリーです。英語で言うとLONERY。ちなみにヤマモ㌧の小中学校時代のあだ名はキッキでした。例外なくみんなキッキと呼んでいました。口げんかをしたときはウッキッキと呼ばれてしまいました。一名だけ山本直輝とフルネームで呼んでくる女子がいました。意味わかんないです。

キッキの高校生活は9.11の爆弾テロによって大きく進路変更させられました。あの爆弾テロによってこんなにも人生を変えられた中学生は少ないのではないのでしょうか?キッキは二年生の今頃は1が5つもあったふとどき者でした。そのせいで3年生になるときには公立高校はあきらめざるをえませんでした。しかし、キッキはすごかったのです。これからは自衛隊学校だと考えたのです。なぜなら。高卒資格がもらえ、かつ給料がもらえ、さらに色々な資格や体力技術などが身に付くと言うナイスな学校だからです。(卒業までには4年間かかりますが・・・・)しかしながら、爆弾テロがおこってしまい周囲からは連日のように反対されました。そしてピグマリオン効果によってきっきは普通の私立高校を選ぶことにしたのです。このころキッキはまだ竹槍すら持ったことのない平和な人間でした。                                   つづく



 名月通信 第1号
2005年12月08日 (木) | 編集 |
祝・名月通信発行
VFSH0028.jpg


 我らがメイゲツファン倶楽部も拡大の一途をたどっているので
(先日、石井さんに入ってもらいました)、これは機関誌でも出
さなくてはと思うに至り、今回の名月通信発行に相成りました。
不定期発行で(週一回くらいを予定)東大馬術部が誇る希代のプ
リティーホースであるタニノメイゲツ号の様子を皆さんにお伝え
していきます。
まず第1号の名月通信は、皆さん既にご存知のこととは思います
が、タニノメイゲツ号のプロフィールを紹介したいと思います。
タニノメイゲツ号は1993年5月6日に北海道の静内町にある
カントリー牧場で誕生しました。体色は栗毛で顔には流星があり
ます。お父さんはビゼンニシキ、お母さんはタニノターゲットと
いう結構お家柄のいいお馬さんです。競馬場で走ったこともあり
ますが、ぽ~とした性格からかあまり早くはなく、若くして東大
馬術部にやってきました。食べる事が大好きで、顔の前に何か出
すと、たいていニオイをかいでぱくぱくと口を動かしています。
OBの皆さんや、近所の農家のおじさんにかわいがられており、
その馬徳(?)がうかがわれます。
 さて、先週は馬術講習会が三鷹馬場で行われ、メイゲツ君も
講習会参加人をのせて頑張って働きました。いろんな人が来て
メイゲツ君もちょっぴり緊張ぎみだったように思います。
晴れの清々しい天気が続く三鷹の馬場でメイゲツ君は今日も
マイペースで暮らしています。(文・田河)
<名月通信・創刊号・2005年12月8日・名月通信社>














 衝撃のデビュー<たがわ>
2005年12月01日 (木) | 編集 |
やっとこさ山本君の書き込みを見ました。
とても衝撃を受けました。
本場のブログってこんな感じなのですか?
勉強になります。
ところでわたくしにとっての馬術部七不思議の一つは
山本君の第一人称であります。個人的には「自分」が一番好きです

馬術部の最近の大ニュースとしては永田さん&磯さんペアの
宇大戦準優勝がありますね。
この場を借りてお祝いの言葉を言わせてもらいます(もう言ったけど)。
おめでとうございます

馬房で音楽かけるという話はとても素敵だとおもいます。
馬術部だけに「ワルキューレの騎行」などどうでしょう。
あとカーペンターズとかアメリカのオールディーズなど。
サザンオールスターズもいいなあ~

もう気づいてみると十二月で、今年も終わり。
極寒の日が続くのでメイゲツ君に引っ付いたりしていたら、
服をかんできたので(彼は何でも食べ物だと思うので)
軽くかみ返しました。馬と馬は愛情を込めてかみあったりしてますよね?
ムツゴロウさんの気持ちがよくわかります。

このまえテレビをみていたらラクダが映っていました。
ラクダの顔って愛嬌があってとってもキュートです。
以前、鳥取砂丘でラクダにあいましたが、
やっぱり大きくてかわいかったです。
あったかい気候とラクダに憧れる毎日ですが
なんとか今年も無事に一年が終えられるように頑張りたいと思います。