東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 岩大戦に行ってまいりました
2015年04月21日 (火) | 編集 |
どうも初めまして、新三年の斉藤です。
なんやかんや三年目にして初のブログ投稿ですね。

去る4月17日深夜の東京。そこには、盛岡行きの夜行バスにいそいそと乗り込む二つの怪しい影がありました。
片方の名は斉藤(筆者)、もう片方は柏木克仁。
その目的はずばり、岩手大学招待学生馬術大会。
毎年春恒例の大会に今年もお呼びいただいたのです。

夜行バスに揺られること8時間、岩手大学に到着したわれわれを迎えてくれたのは…
満開のでした。
DSC_0031 (450x800)
花の下でにやける筆者。
桜は人を浮かれさせると言いますが、この時の私はこの後の惨劇を全く予想していなかったのでした。

主催していただいた岩手大学馬術部さんの馬場は、桜でいっぱいのキャンパスの中にありました。
DSC_0033 (800x450) (500x281)


青い空。

DSC_0035 (450x800)

白い馬場。
我々しがない馬乗りにはそれが何よりも心地よい環境なのです。

さて時期が時期ですので、これを見てくださっている(かもしれない)新入生の方向けに
今回の大会の形式である、「貸与馬戦」についてご説明いたします。
通常我々学生馬術の大会は、馬術部が所有し常日頃から苦楽を共にする、自前の馬と共に出場するものです。
馬術とは試合のとき発揮される技量のみでなく、日常の調教の成果、そして馬との絆まで含めて評価の対象になるものなんですね。
しかしながら、馬の輸送には大変な手間がかかります。
また馬のコンディションが悪ければその騎手は最初からハンデを背負うことになり、公平な評価が難しくなってしまいます。
それを回避すべく採用されるのが「貸与馬戦」です。
主催者サイドが用意する馬を選手間でシェアし、手軽で公平な勝負をしようという寸法です。
一方で選手は相性もわからない初めて乗る馬の特徴を数分で把握し、手なづけなければなりません。
自馬戦とはまた少し異なる資質が求められるというわけです。

岩大戦は馬場課目(平地での人馬の動きの優美さ・正確さを競います)A2による予選と、
障害走行による決勝に分かれており、各大学ごとの団体戦です。
そして、東大は久しく決勝進出を果たしていません…
でも予告で後輩に入賞と煽られた手前、引くに引けない!
難しい馬とかって話だが、俺たちが負けるわけねえだろ‼
行くぞおおぉぉあ‼‼‼‼‼‼‼
スナップショット 2 (2015-04-21 1-30) (2)
(↑演技中の柏木&ガンジュサン)

予選Aブロック
斉藤守秋&藤桜 49.510% 1/6位
柏木克仁&ガンジュサン 49.412% 2/6位
東大1/3位

1429548093719_20150421024303b57.jpg

勝ってしまいました。(ただ馬術をかじったことがある方なら、この数値から舞台裏を理解して頂けるかもしれません。)
しかしこれは筆者にとって全くの想定外。
筆者に障害の試合経験はありません。決勝で用いられる高さの障害もまともに飛んだことがありません。
もっと言えば障害をコースで飛んだこともほとんどありません。
事態は私を待ってはくれませんでした。
柏木君は他校の女の子とコースを回っていました。

決勝 小障害
柏木克仁&ハヤチネ
タイム90.75 タイム減点10 障害減点8 総減点18 5/6位
斉藤守秋&グラスキッド
1番障害で三反抗E 6/6位
東大3/3位(入賞)

私が下馬する頃、朝あれほどの快晴だった空は掻き曇り、冷たい雨を降らしていました。

この後は各大学交えてのレセプションとなりました。
決勝はどうあれ入賞です!
柏木は予選の結果が評価されたらしく、大会中花びらのように最も人馬一体だった個人に贈られるという、ペタル賞を頂きました。
1429548692012 (600x800)
北日本の馬術部との方々との歓談は本当に楽しいひと時でした。(実は東大が参加校中最南端です。)
馬術部は立地によって文化がかなり変わります。
北日本は特に障害競技を重視する地区ですので、興味深い話をいくつも聞かせていただきました。
また、審判等を務めてくださった岩手大学OBの方々ともお話しいたしました。
会の最後はOBの方作曲の「愛馬エレジー」を全員で唱和。
馬術部員ならばその悲哀のこもった歌詞に聞き入らずにはいられない、世代を超えた名曲でありました。

友人の待つ仙台に向かう柏木君と別れ、筆者はお酒が入って少々いい気分になりながら盛岡の街に繰り出しました。
DSC_0042 (450x800)
盛岡城址公園の見事なしだれ桜。
DSC_0044 (450x800)
いまは何も乗っていない台座ですが…
DSC_0045 (450x800)
見てください、この見事な収縮運動を。
軍人、南部利祥の銅像が乗っていたそうです。
DSC_0052 (450x800)
暮れなずむ盛岡市街の一角。
私はそこをぽとぽとと歩きながらこの大会に、この町に来て本当に来てよかったと思いました。
帰りのバスは23:30発。この後ひたすら駅前のミスドで時間をつぶすのでした。

DSC_0024 (674x800)
結局一人で観光してるだけじゃん。寂しくないの?
おいこらよせ。
スポンサーサイト

 【予告】岩手大学招待馬術大会
2015年04月17日 (金) | 編集 |
季節の変わり目ということで体調を崩す部員が増えています(筆者も長い風邪から復帰したばかりです)。皆様もお気をつけください。

さて、東大馬術部は4/18に岩手大学にて行われます、岩手大学招待馬術大会(通称岩大戦)に出場いたします。出場選手は以下の通りです。

柏木克仁(新三年)
斉藤守秋(新三年)

予選はA2課目、決勝は障害飛越競技となります。いずれも貸与馬による出場です。

ここ最近の招待試合はとても良い結果が続いているので、この調子で今回も入賞狙って欲しいですね。応援よろしくお願いします!



 六大学戦打ち上げの模様
2015年04月12日 (日) | 編集 |
だいぶ時間が空いてしまいましたが、六大学戦後編、打ち上げの模様をお送りします!今回はいつにもまして賑やかな催しとなりました。

20150329_201105.jpg
馬術部員(ほぼ)勢揃い。こうしてみると多いですね。後ろのほう全く見えてません。



まずは今回無事幹部を務め上げた坂井さんと湯浅さんを囲む会です!
1429271458160.jpg
本日のMVP、(元)関東学生馬術連盟幹事長のお言葉。東大生初めての幹事長ということで裏では本当にいろいろあったようですがこうして無事今回の六大を開催できたのは坂井さんが身を粉にして駆けずり回ってくださったお陰です。本当にお疲れ様でした!

1429271465805.jpg
そしてもうひとりのMVP,主歓行を務めた湯浅さん、感極まっておられます。開催中はあまりの過酷さに見ている部員が心配になるくらい身を削って奔走されていました。見守るでらさんいい笑顔だなぁ。

そして今回幹事長を無事完遂された坂井さんの後継者はこの人です!
20150329_220600.jpg
/次期幹事長に、俺はなる!\




1429271491085.jpg
今年度新3年生となる蓑田さんが次期幹事長として降臨なさる予定です!
幹事長引き継ぎグッズ(の、引換券)を坂井さんから送られニッコリ、の図です。こちらもすごくいい笑顔です。




そして今回の六大戦終了をもって東大馬術部を卒業される先輩が2人いらっしゃいます。


20150329_220639 (1)
秋田先輩は新4年生になるにあたって研究室のほうがとても忙しくなる(怒涛の週6連勤!!)とのことで、今回をもって一足早くご卒部されることになりました。
理系の中でも特に忙しい研究室に所属する中、ここまで馬術部を続けてくるというのは尋常では無くすごいことだと思います。本当にお疲れ様でした! また部室に遊びに来てくださるのを部員一同お待ちしております。

\待ってるにゃーん/

20141024_161106.jpg
ちびちびとクロも待ってますよ!

1429271478463.jpg
そして田村さんは、今回秋田さんとは逆に、一足遅くご卒部することになりました。4年生はだいた11月頃の引退となりますが、田村さんは怪我の影響で引退試合となる全日本学生馬術大会に出場できなかったため、六大の試合をもって引退となりました。おかげで長く残ってくださって、まさに怪我の功名といったところでしょうか。
田村さんは今後もコーチとして馬術部に残ってくださる予定です!わーい!

1429271502901.jpg
ということで、本日の主役たちに部員からケーキが贈られました。主将もいれてパチリ。

今回の打ち上げは幹部お疲れ様でした会であると同時に、春新学期を迎えるにあたって非常に意味深いものになりました。こうして新4年生の先輩から卒部される方が出てくるといよいよ代替わりも近づいているのだなぁという実感が湧いてきて寂しくも心引き締まる思いです

 【結果】東京六大学馬術大会結果報告
2015年04月10日 (金) | 編集 |
はじめまして、新2年生の西田です!いままであまり部活に参加できず三鷹ではメタルスライム並みのレアモンスターと化していたのですが、ブラックなバイトがひと段落していまではスライムべスくらいには三鷹に出現するようになり、とうとう今回ブログにも初進出の運びとなりました。おかげで監督やコーチ陣にも最近やっとその存在を認識していただけているような気がします(汗)

さて、長らくお待たせしてしまいましたが3月に行われた六大戦の結果をご報告させていただきます。

【学生賞典】
田村&東鷹 総得点率55.648% 8位/14人馬(六大) 9位/15人馬(八大)
八大団体得点601点 7位/7大学

【新人馬場】
安田&東彗 総得点率53.620% 9位/15人馬
坂本&東雪月花 総得点率51.896% 14位/15人馬
金子&東鷹 総得点率51.264% 14位/15人馬
秋田&東冠 総得点率48.850% 15位/15人馬

【複合競技】
釜井&東桑 合計減点112.9 11位/13人馬
小野寺&アンジェ 2反E

【中障害C】
釜井&東桑 総減点20 7位/11人馬

【新人障害】
小野寺&アンジェ 2反E

【オープン障害90cm】
坂井&東翔 総減点0 1位/6人馬
李(コーチ)&東遊 総減点13 4位/6人馬
木原(コーチ)&東翔 総減点15 5位/6人馬
湯浅&東遊 3反E

【オープン障害80cm】
湯浅&東遊 3反E

【総合結果】
6位/6大学

今回の六大学戦は六年に一度まわってくる東大幹部の年で部員一同総力を挙げての一大イベントになりました。特に関東学生馬術連盟幹事長を務めた坂井さん、主歓行の湯浅さんは今回の大会のために文字通り駆けずり回って準備をされていました。お疲れ様でした!そして今回の開催に向けて尽力してくださった監督とコーチ陣、応援に来てくださったOG,OBの方たち、そしてなにより頑張ってくれた馬たちに心より御礼申し上げます。ありがとうございました!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。