東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 岩大戦(と気仙沼♪)
2016年04月28日 (木) | 編集 |
こんにちは、三年の前田玉青です。そういえば1年半ぶり二回目のブログ執筆です。このペースだとこれが最後の執筆かもしれないですね。

さて、4/15、新歓コンパももう終わったであろう夜遅く、私はひっそりと東京駅で夜行バスを待っていました。
そう、岩手大学招待馬術大会、通称岩大戦に参加するためです。
今年は三年の佐々木伶(よねじ)と前田が参加させていただきました。

バスにひたすら揺られること8時間、盛岡駅に着いたのは朝の6時ごろでした。
やはりまだ肌寒かったです。東京ではすっかり春めいていましたが、盛岡の空は薄ら青く、まだ冬の名残がありました。
岩手の桜
東京ではとうに散った桜も、岩手では今まさに咲き始めたという具合でした。

というわけで試合です。よねじがくじを引き、私たちは第1ブロックになりました。
参加校13校が4つのブロックに分かれ、それぞれのブロックでA2課目の平均得点率が最も高い大学だけが、決勝(障害100cm)に進むことができるのです!

よねじは乗馬パンサーキングでなんと出番1番、私は乗馬キャプテンユーで出番は11番でした。
パンサーキングは調教七ヶ月目の新馬、キャプテンユーは大障害を跳ぶ馬だとか!
久々の試合、頑張るぞー!
前田&キャプテンユー
前田とキャプテンユー
C審のジャッジボックスが車で、確かに運ぶの楽で、中は快適だし、馬事公苑とかでも導入してほしいと思いました。

第1ブロック結果
1位 酪農学園大学 56.029% →決勝進出
2位 北海道大学   54.118%
3位 千葉大学    52.598%
4位 東京大学    48.623% (佐々木&パンサーキング: 50.784% 前田&キャプテンユー: 46.461%)
...結果は惨敗。2分間の準備運動で馬との関係を作ることの難しさを感じた試合でした。
まだまだ精進しなくては。

キャプテンユー
キャプテンユー
試合後、バナナをあげてみたら「え、人参はないの?」という顔をされたときの写真です笑。
大障害馬とあって体も大きく、とってもパワフルな駈歩でした。
東大のアンチェに顔が似ています。人懐っこくてかわいい(*^^*)

IMG_3364.jpg

試合後に放牧されているお馬さん。馬場が大きいから気持ち良さそう。
岩大の馬たちには本当にお世話になりました。試合お疲れさまでした。

そのあとはレセプション!
今回は例年に比べて参加校がとても多かったそうです。
他大学の選手の方々はレベルも高く、騎乗を見たり、話をしたりでき、とても刺激になりました。
大会運営もスムーズで、なによりみなさん親切で温かい雰囲気の試合でした。ありがとうございました!!


さて、レセプションも終わって、盛岡駅へ...
私はどうしても寄りたいところがありました。そう、光原社です!!!
たぶんこれを読んでいるほとんどの人が「どこそこ?」と思ったことでしょう。
光原社は、大正13年、宮沢賢治の生前唯一の童話集「注文の多い料理店」を発刊した出版社で、社名もその際、賢治の手によって名づけられました。
現在では民藝店となり、日本を含む各国の民藝品の販売、宮沢賢治ゆかりの品の展示などを行っており、中にはカフェもついています。

光原社1

光原社2
こういう雰囲気好きだなあ。
写真は撮っていないですが、賢治の原稿も残っていました。私は「鹿踊りのはじまり」という作品が大好きで、何度も読みました。
ふだんは活字でしか見ない文学作品の生の原稿を見るというのは、なかなか不思議な気分がしました。

ちなみに私はこれ買いました↓
janet2.jpg
たぶんこれを読んでいるほとんどの人が「なにこれ??」と思っ(ry

このブローチ、「貴婦人と一角獣」というタペストリーに出てくる「ジェネット」という動物にそっくりなのです!
ladyandunicorn.png
      ↓拡大
  jenet.jpg
私はど真ん中にいる一角獣よりも、この端っこのジェネットが昔から大好きで、このブローチを見たとき「ジェネット!!」と心の中で叫びました。
このブローチはインドの民藝品、貴婦人と一角獣はパリで下絵が書かれたと言われる作品、ぜんぜん関係なさそうでも、同じような動物が似たような構図で描かれていることに、なんとなく感動した筆者でした。

というわけで、試合にレセプションに光原社と、貴重な体験ができたことに満足し、盛岡をあとにしたのでした。
以上ここまで前田がお送りしました。以下、〜気仙沼編〜をよねじが書くそうです。



盛岡いいとこでした。めっちゃいいとこでした。盛岡好きですよねじいさんです。
只今病床に伏しております。早く健康な体で学校行きたい。つか学校行きたい。(´;ω;`)

盛岡をあとにした我々は次なる目的地、気仙沼へ向かいます。
寄り道と呼ぶにはあまりにも遠回りですがいいんです。

なぜ気仙沼か?それは夏によねじいさんがお世話になったお礼参りのため、ひいては同期前田に気仙沼の魅力を伝えるためでもありました。
新幹線と鈍行を乗り継ぎ気仙沼駅。交通の便はよいとは)ry

気仙沼駅で我々を待っていたのは泊まる宿の女将いちよさん。
いちよさんにお迎えに来てもらっていたのでした。この時点で感謝であります。

さてやってきました唐桑御殿つなかん。
201604282240410d4.jpg
(前田撮影。しかも翌朝)

前回の訪問で死んでもいいと思ったほど美味しいこの宿の晩御飯。この日はいかに……!?

201604282212384ba.jpg
なんだよわかめのしゃぶしゃぶって。美味しすぎるでしょう。

絶品でした。死んでもいい。ああ死ねる。
いやいやいや。(*`Д´)ノ!!!
今度の感想は真逆でした。美味しい。美味し過ぎる。ここで死んでこのご飯が食べられなくなるのはもったいない。なんとしても生き延びてまたここに泊まろう。
なんだかちょっと進歩したよねじいさんでした。

20160428221856141.jpg
いちよさん。いくたびに元気もらえます。なんだかんだすごい人。

そのあと宿とは思えない心地よさでのんびり旅の疲れをいやしました。つなかんのみなさまに感謝であります。

翌朝、品数は減りますが朝ごはんも美味。華やかな晩御飯とはうってかわって、朝ごはんはシンプルで優しい、温かな味わい。
実はこの献立、竜介さんというひとが一人で考えていちよさんともう一人と作っているんです。神か。

朝ごはんを終えると、いちよさんの提案で近所の漁師さんのところへ。
飛び入りでしたがなんとなんとめかぶ削ぎを体験させていただきました。
前田さんについてはめかぶが大好きということで、彼女も大いに楽しんでくれたようでした。
小野寺さんはじめみなさんありがとうございました。(写真とるのも忘れてめかぶ削ぎに没頭笑 皆さんも是非一度どうぞ笑)

そのあとツリーハウスのカフェでいろんな人と交流ののち、唐桑の地をあとにしました。
(あの人にもあえてよかったです笑)
皆様本当にお世話になりました。

さて気仙沼市街へ。
続いて訪れたのはホテル望洋。
その名の通り海を一望できる高台にあります。震災当時、津波を逃れた場所なのです。
夏にここでもお世話になり、挨拶に向かいました。

軽い挨拶のつもりが、社長と女将がいい人過ぎてお昼をご馳走してくれることに。ここにも神が二人もいるなんて。なんなんだ気仙沼。(´;ω;`)

20160429150512669.jpeg
社長。相変わらず元気そうでした。笑

2016042822190524a.jpeg
女将と記念撮影。

さて、お礼、というほどでもないですが、筆者よねじいさんは作ることが大好き。
ちょうど社長が、熊本地震の募金箱を作成中とのことで、僭越ながら私もご協力させていただきました。

夏は唐桑御殿つなかんにしても望洋のみなさんにしても、私が個人的にお世話になっただけでしたが、今回は馬術部員として東北を訪問していたこともあり、いろいろと馬の話で盛り上がりました。と同時に、前田さんは初対面ではあるものの、我々ふくめ、馬術部の活動を応援してくださいました。
思わぬ、といったら語弊がありますが、予期せぬ東大馬術部と気仙沼のみなさんとのご縁が生まれたようで、我々もよりいっそう精進せねば、と思いました。

いろいろな人の助けのなかで、東大馬術部は生きています。
そして、被災地としての気仙沼もまた、多くの助けを得ていることを、夏に学びました。
支えられることのありがたさを常に感じているもの同士、この出会いはある種必然だったのかもしれません。そして、被災地とはいわれますが、おそらく東大生よりもよほど明るく力強い、人間としての魅力にあふれた気仙沼の皆様に、私自身元気をもらいました。
と同時に、日頃支えていただいているからこそ、支えることの大事さも、お互いによくわかっているのではないでしょうか。

今回こうした形で、気仙沼と東大馬術部が出会い、困難な状況に置かれている熊本をはじめとする地震の被害に遭われた方々にたいして、非常に微力ではあるものの、お力添えができたこと、その意味を思い返しながら、日々自分の生を全うしたいと強く思いました。
今後も何かの形で、気仙沼をはじめとする東北、熊本、大分など今回被害に遭った地域とも関わっていきたいと思います。馬関係ないって?人とのつながりも大事ですよ。

岩手大学のと大会関係者の皆様、気仙沼の皆様、いろいろな人と出会い、その温かさにふれ、自分の未熟さを思い知るとともに、人として大事なことはなにかを学んだような気がした東北遠征でした。

月並みではありますが、今回の地震で被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、一日もはやい九州、大分など熊本地震の被災地の復興(復幸)、そして皆様の無事と平穏を願っています。
2016042822192174a.jpeg

スポンサーサイト

 【結果】4月ホーストライアル
2016年04月26日 (火) | 編集 |
4/23,24にわたり馬事公苑にて開催された4月ホーストライアルの結果をお知らせ致します。

〇トレーニング
・中村航介&東陽
馬場 60.43%
障害 87.32秒 タイム減点14障害減点0総減点14
野外 三番障害で落馬E

〇プレノービス
・李太喜&東遊
障害 98.08秒 タイム減点25障害減点4総減点29
野外 4分41秒(規定5分) タイム減点0障害減点0総減点0
5位/8人馬(完走中)
・上田海那人&東遊
障害 90.27秒 タイム減点17障害減点12総減点29
野外 4分38秒(規定5分) タイム減点0障害減点0総減点0
6位/8人馬(完走中)
・高谷謙介&アンジェ
馬場 49.64%
障害 2番で2反E
野外 7 9 11 14で2反抗後パス

応援ありがとうございました。

 【結果】3月トライアル、六大学
2016年04月08日 (金) | 編集 |

先日行われました、3月ホーストライアルと、東京六大学馬術大会の結果をお知らせいたします。


☆3月トライアル(3/24)
・ノービスクラス
高谷謙介&アンジェ
馬場43.33
SJ 1番で2反E
X 1,2,15で2反パス 3,10で1反


☆東京六大学馬術大会(3/25~27)
・複合馬術
中村航介&東陽
馬場馬術 総得点率54.741% 馬場減点67.9
障害馬術 タイム86.99 タイム減点15 障害減点12 総減点27
合計減点 94.9
順位 9位/12人馬

・L1(16人馬) 
10位 斉藤&東彗 54.770%
14位 蓑田&東鷹 52.241%
15位 中村&東奏 51.666%


応援ありがとうございました!