東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 [試合結果] 学長杯
2017年07月15日 (土) | 編集 |
 みなさま初めまして!1年生の大西と申します。今回は遅ればせながら、去る7/9(日)に東京農工大学で開催されました学長杯についてご報告させていただきます。


1. 第一競技 馬場馬術競技 A2課目
杉本(2年)&福風号 59.607% 4位/17人馬

いつも何かにつけて自身の筋肉愛、筋トレの成果を語ってくださる杉本さん。惜しくも入賞を逃してしまいましたが結果は堂々の4位!さすがです!(写真撮り忘れてました......自慢の筋肉美(笑)をお見せできなくてすみません......)


2. 第二競技 部班競技
吉野(1年)&東冠号 109点  9位/31人馬
大西(1年)&朝風号 105.5点 17位/31人馬

筆者ら1年生にとってはデビュー戦となりました。今大会は貸与馬戦(出場格好が数頭ずつ馬を貸し出し合う)だったので、筆者と吉野はせっかくの機会だから普段乗っている東大の馬じゃなくて、他校の馬に乗りたいねと話し合っていました。乗る馬を決めるくじ引きの結果、筆者は農工大の朝風号を引き当てて大喜び。一方吉野の顔はどこか浮かない。彼の引いたくじを見るとそこには「東冠号」の文字が........吉野、どんまい!


3. 障害飛越競技 (80cmオンタイム、基準タイム47秒)
吉田(3年)&東翔号 タイム46.74 タイム減点0障害減点0総減点0 3位/15人馬

いつも色々教えてくださる吉田さん。普段は馬場の選手ですが、今回は障害での出場でした。そんな中で3位入賞!すごい!タフドラ(東翔)イケメン!

2017学長杯2

表彰式で賞状、記念品を受け取る吉田さん



 そして今回東大馬術部は団体でも3位入賞を果たしました!



 その後はお待ちかねのレセプション!農工大特製カレーをいただきました。
しかし、スケジュールが押していたため、その次の馬術救護講習会まであまり時間がなく、我々が後作業を終えた時にはなんと12分しかカレーを食べる時間がないことが発覚!刻々と迫るタイムリミットに焦りながら急いでカレーを食べました。講習会まで残り数分、もはやここまでかと我々1年生が半ば諦めていた中、杉本さんは言いました、


「もう一杯いける。おかわりしてくる」


この先馬術部でやっていくために必要なバイタリティ、貪欲さのなんたるかを、黙々とカレーを掻き込む杉本さんの背中から、筆者は学んだような気がします。



 その後は体育館に移動して馬術救護講習会を受けました。この学長杯は元々、今から32年前に馬術競技大会に出場中に不慮の事故で亡くなられた、東京農工大学の学生を偲び、二度とそういうことがあってはならないという考えのもと、安全馬術の普及という理念のもと始められた大会です。馬術という競技はきちんとした指導、監督のもと行われれば、老若男女に関わらず誰でも楽しめるスポーツですが、馬という生き物と共に競技を行うというその性質上(それが魅力の一つでもありますが)、どれだけ本人が注意を払っていても、事故が起きてしまう可能性をゼロにすることはできません。事故が起きるのは試合中だけでなく、普段の練習中かもしれないし、ひょっとすると厩舎で世話をしている途中かもしれません。だからこそ、事故が起こらないように予防するだけでなく、万が一起こってしまった場合にどうするべきなのかもしっかりと学ばなければいけません。今回の講習会ではそのような事故時の対処法を教えていただきました。今回学んだことを部内でも共有し、常に安全への意識を怠らないよう、部員一同心がけたいと思いました。



 先程も述べたように、筆者にとっては初めての試合で右も左も分からないままで出場させていただきましたが、他校の馬術部員と交流したり、講習会を受けて安全に競技を行うことの重要性を確認できたりと充実した一日になりました。また、もっと上手くなりたいという気持ちも一層強くなりました。最後に、今大会を開催、運営してくださった東京農工大学の方々、下乗りや馬付き、馬の輸送などでサポートしてくださったり、応援のためにわざわざ来てくださった先輩、コーチの皆様、本当にありがとうございました。


出場選手(左から大西、吉野、吉田、杉本)

2017学長杯1



スポンサーサイト