東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 武蔵野市民大会
2010年12月25日 (土) | 編集 |
一年の伊藤です
ブログの更新遅れてしまってすいません。
まさか試合があるとネタが多いから試合が終わるまで待っちゃおーとか思ってたわけではありません、きっと



さてさて、おととい一年生には輝かしい初試合となる武蔵野市民大会がございました
そしてー私は部班に出る予定でした
部班っていうとやっぱくじ引きがあるわけです。馬だの順番だの班だのを決めるわけです


今回は一班に5人で三班ありました。
開会式の後にくじを引きにきてくださーい!とアナウンスがあって、
この時の私の心の中は
「1番を引く確率はたった20パーセント。降水確率だったら誰も傘を持っていかないほどの確率の低さだ!(←意味不明。緊張でおかしくなっていたのでしょう。温かい目で見守ってあげましょう)」と安心しきっていました。

しかも、大貫さんがしょっぱななんと一班一番を引きいたため、私の心の中は
「東大生が二人も一番になる確率はきっと限りなくゼロに近づく。私が一番でない確率は今最高潮!!(根拠ありません。計算もできません。)」

とうとうくじ引き…私は心の目を発動し、これだっと思ったものに手を伸ばしたとたん他の方にかすめとられました結局最後に残ったものを手に入れ、広げてみると……
とぅるるとぅっとぅとぅー  東雪月花3班1番と書いてありました


やさしい先輩方の温かい声援「うわっどんまい。運悪いねー。etc」に支えられ、緊張感をふっとばし、1番は二科目っぽいことができちゃってお得感があって良い!という思考に変更し、とうとう本番

元気に歩かせることを目標にして試合に臨みました。駆け足の手前が逆だったり、巻きのりを正反動でするのを忘れてしまったりなど言い出したらきりがありませんが、この試合で自分の悪いところを明白に突き出されて、やっぱりこのままではくやしいのでこれからのやる気にもなりました
でも私はあの演技に自分なりに満足ができています。すごいしょぼい演技だったと思うし、結果も低かったですけどあれが私なりの精一杯でした。
この試合に出て本当に良かったと思います

いろいろアドバイスをしてくださったり、下乗りをしてくださったり、馬つきをしてくださったコーチの皆さん、先輩方、本当にありがとうございました。


そのあとは交流会コンパです!!
成踁大学の方と同じテーブルに座ってたくさんおしゃべりしました
他校の方と話すのは刺激になっていいですね


写真いろいろ貼ろうと思ったんですけどアナログ人間にはどうもできそうにありません。
なんか面白そうなロケットっぽい機械が成蹊にあったので載せようとおもったのですが
テレビの地デジ移行に伴ってブログがもう一周回ってくるころには地上デジタル人間になっておきます
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
×成踁 ○成蹊

×正反動 ○正反撞
2010/12/26(日) 12:13:07 | URL | 日本語修正委員会理事 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック