東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 浅間トレッキング と ハヤテくん
2014年01月28日 (火) | 編集 |
2年の釜井です。冬ですね。毎日さむいです。レインボーさむいです。

さむい
さむいさむい
さむいさむいさむい
さむいさむいさむい
さむいさむいさむいさむい
さむいさむいさむいさむいさむい

さむいいさむいさむいさむい
さむいさむいさむいさむいさむい
さむいさむいさむいさむいさむいさむい




ですが、今回のブログは半年前にさかのぼり、去年の夏の話です。

去年の8月と9月、浅間トレッキングという乗馬クラブに東大馬術部から10人ほどが交代でバイトに行きました。



浅間トレッキングは外乗を主とした乗馬クラブ。
浅間山のふもと、馬にまたがって草原や林の中を歩きます。まさに気分爽快。
馬の背の上で自然を楽しむということがこんなに心地よいことなのかと驚かされました。

↓こんな感じです↓
写真+2013-07-29+14+29+42_convert_20140128122846



浅間トレッキングの馬たちは馬房に入らず、乗るとき以外はずっと放牧
朝、「おはよ~」と言いながら、放牧されている馬たちを放牧場まで迎えに行き、
一日のお仕事が終わったら「また明日ね~」と言って馬たちを放牧場まで帰しに行きます。

やはり、本来は草むらで暮らしている馬たちを狭い馬房のなかで飼うというのは馬にとってストレスになるもの。
その点、浅間トレッキングの馬たちはとても広い放牧場で暮らしているので、とても幸せそうです。

こんなに広い草原。でも、この写真に写っているのは放牧場のほんの一部です。
写真+2013-07-28+8+17+20_convert_20140128122716

ワイルドに砂浴びをしています。
写真+2013-08-10+17+46+14_convert_20140128123140




10頭近くいる馬たちを放牧場から効率よく連れてくるために、5頭を同時に曳くことも。
彼らは放牧場で普段からお互いに触れ合い、群れを形成しているので、馬同士を近づけても全然気にしません。

5頭を同時に曳こうとしたものの、馬が絡まりあって大変なことになっている坂井。
手前の馬の髪の毛はなんかもうすごいです。
写真+2013-08-08+7+47+01_convert_20140128123051



浅間トレッキングの馬たちはサラブレッドではなく、どさんこトロッターなどを掛け合わせた中半血
それに加えてストレスのない環境で生活しているので、馬術部の馬とは比べ物にならないくらいおとなしい
こんな風に触れ合いまくることができます。マ○ー牧場なんて目じゃない!
写真+2013-08-07+18+55+49_convert_20140128123004



とても小さいポニーのハクちゃん。可愛くてお客さんへのウケがよい上、外乗の経験も豊富で頼りになります。
人が乗っかってもじっとしています。
写真+2013-08-07+18+57+03_convert_20140128123758



人だけではありません。自分の背中に馬が頭を乗っけていても気にしない
小さいので他の馬にとってはちょうど良い高さなんですね。
写真+2013-07-31+15+28+34_convert_20140128122942

ちなみにこのハクちゃん、頼りなさげな見た目ですが、実は140㎞のエンデュランス競技を歩き切るというものすごい実力の持ち主です。




ほかにも小さくてかわいい馬がたくさん!
ジロリとカメラを見ているこの3頭は、左から、スピちゃんハクちゃんアセイくん(たぶん)です!
みんな浅間トレッキングの北海道本店、どさんこトレッキングで生産された中半血。乗馬初心者を乗せて安心して外乗に出ることのできる大人しい馬たち。
ちなみに僕はハクちゃんに乗って2時間の外乗に同行したところ、まさかの馬酔い
ハクちゃんの上で吐くちゃん・・・とはなりませんでしたが危なかったです。
写真+2013-07-28+8+36+43_convert_20140128122754


こちらはジムニーくんショウちゃん
ジムニーくんはまだ研修中でお客さんは乗せられません。ショウくんは誰が乗っても安心のスーパー安全馬。とても大人しいおじいちゃんです。
写真+2013-07-27+13+24+36_convert_20140128122630



坂井はジムニーくんがとても気に入った様子。後日、ジムニー恋しさ極まって「ジムニーに会いたいよぉ~」と叫び、挙句の果てにペットのウサギにジムニーと名付けてしまいましたとさ。
写真+2013-08-12+8+13+10_convert_20140128123559






もちろんバイトなのでちゃんと働いています!!

下の写真も遊んでいるように見えますが、決して遊んでいるわけではありません。
僕もこのバイトのおかげで芝刈り機の使い方をマスターすることができました。
浅間7_convert_20140128124018

浅間8_convert_20140202152914





他の写真も紹介します。

湯浅とギフトくん(たぶん)ギフトとアセイの区別がつかない。
浅間6_convert_20140128123959


坂井とジムニーくん

写真+2013-08-08+13+47+27_convert_20140128123119


釜井とギフトくん

なんとこれ、鞍なし!!頭絡なし!!
ロープ一本だけで馬を操っているんです!!
浅間1_convert_20140128145339

そもそも浅間トレッキングの本店であるどさんこトレッキングは、ボスである本田さんが酪農を営んでいた頃、「放牧されてる牛を集めるのに馬を使ったら楽なんじゃないか」と思い立ち、ロープ一本で裸馬に跨ったのが始まり。

鞍をつけずに裸馬に乗る話はよく聞きますが、頭絡もつけずにロープ一本で馬に乗るというのは衝撃的。いつも鞍も頭絡もつけている馬術部の馬にロープ一本で乗ったら命がいくつあっても足りません。

このような経験をはじめ、東大馬術部での乗馬しかしらない馬術部員たちにとって浅間トレッキングは驚きの連続でした。東大でのやり方に加えて新しいやり方を採り入れ、馬に接する姿勢や馬の扱い方などを深く考えるきっかけになったことと思います。なにより、浅間トレッキングの馬たちが自然豊かな環境の中で幸せそうに暮らしていたことが印象的でした。

バイトなのに馬にもたくさん乗せていただけた上に様々な貴重な経験を得ることができました。特に1年生はかなり鍛えられて帰ってきたようです。

お世話になった浅間トレッキングの方々、本当にありがとうございました。また来年以降もよろしくお願いいたします。













話は続きます!!

僕らがバイトに訪れた時期に、ジムニーくんと一緒に研修生をやっていたハヤテくんという馬(右)。

僕が浅間トレッキングに着いて早々「釜井はハヤテの調教担当だ!」とボスから言われ、危ない思いもしながら何度も一緒に外乗へと出掛け、苦楽を共にした馬です。
写真+2013-07-28+8+55+50_convert_20140128122822




そのハヤテくんが東大馬術部にやってきました!!
なんかさっきの写真よりもっさりしてる。
写真+2014-01-25+11+37+31_convert_20140128123904

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい!!!!





放牧中。元気に竹を食べています。ハヤテが写っているとまるで田舎のようですが、ここは長野ではなく東京都です。
さすが道産子だけあって、素晴らしい適応力で東大馬術部にすっかり馴染んでいます。
写真+2014-01-30+7+27+53_convert_20140202143436



愛くるしい姿と、抜群の大人しさですでに部員たちの人気者ですが、ただのペットホースじゃありません
これが馬装をされた姿。小さいですが、バリバリ働きます。眠そうなのは気のせいです。
写真+2014-01-30+8+46+33_convert_20140202155433


眠そうなのは気のせいです!!
 かわいい!
写真+2014-01-30+8+47+01_convert_20140202143735



とにかく体が丈夫な上に大人しいので初心者の練習にはもってこい。新歓シーズンでの活躍が期待されています。
また、意外と賢いので、どんどん馬場での運動を覚えていきます。僕、釜井が担当者となって調教中
外乗に出ていた馬なので、基本的に怖いもの知らずです。障害もへっちゃら!

というわけで来年には学生馬術界に旋風を巻き起こす(?)予定なのでどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。