東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 メキシコ日記 ~極彩色の国から~
2014年10月19日 (日) | 編集 |
お久しぶりです。1年のよねGさんです。最近よねGさんの浸透率のすばらしさに高笑いが止まらない今日この頃です。それと反比例するように本名が忘れ去られていくのですが。

さて、夏休みが終わりました。大事なことなのでもう一度言います。夏休みが終わりました。いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
9月が休みなのは今年でもうおしまいです。大学生らしい夏期休暇は今年でおしまいなんです(切実)。(筆者註:学事暦の変更で来年から夏休みは8月だけです。)
思い返せば浅間トレッキングのバイトに始まり山中合宿、寮委員、八王子研修などなど、楽しい思い出ばかりでした。

「……あれ、この思い出全部馬オチだぞ?」
そう気づいたのは9月も終わりのこと。ご老体のよね爺さんは度重なる7連勤5連勤6連勤を終え、心身ともに疲弊しきっておりました。馬に乗っては練習後に部室で爆睡する生活。「馬ネタしかない夏休みなんてやだぁぁぁ」と嘆きの声を上げるよね爺さんは、満身創痍の体を癒すため、いったん馬から離れ、休暇をとることにしましたとさ。向かった先はメキシコ。以前からの計画であった知り合いの結婚式参列が目的でありました。

メキシコにて。
「いやぁ、うまぶライフもいいけど、たまには馬とかかわらずに過ごすのも悪くないねぇ。」
滞在先の知り合いの家でフルーツやらおいしいおいしいトルティーヤやらトウモロコシのちまきみたいなののやら、はてはタコス屋でできたてのタコスまでもおごってもらい食べ、食べ、食べる生活。そんな生活の中で、よね爺さんは「生きててよかった。」とおいしいさと感激のあまり涙を流しながら食事をほおばっていたといいます。メキシコシティの中心地区も見学してきたそうな。

CIMG9207.jpg
おお、馬がおる。(セントロ、メキシコシティにて)
 
さて、数日メキシコシティに滞在したのち、いよいよ結婚式が行われるケレタロへ。CIMG9275.jpg
標高が高い土地だけに、空が近く思われますね。

メキシコシティとは全く違う空気を感じながら、ケレタロの街のシンボル、水道橋をくぐります。
CIMG9394.jpg
漂うローマの香り。

ほんの数日前まで馬漬けの生活を送っていたなんて信じられません。およそ4時間ほどでありましょうか、長いドライブにわずかながら疲労を感じつつ、いい感じを醸し出しているホテルに足を踏み入れると、そこでよね爺さんを待ち受けていたのは…







CIMG9277.jpg
馬。(でーん)

CIMG9559.jpg
馬。

CIMG9558.jpg
馬。

CIMG9562.jpg
馬。

あまりにも予想していなかった展開に驚きつつ、馬に出会えたことに喜びを隠せないよね爺さん。ウエスタン鞍もはじめてお目にかかるので、テンションは上がる一方です。30分の常歩による外乗だけではあるものの、65ペソ(650円くらい)と安いのでちゃっかりしっかり乗っちゃっているお爺さん。

CIMG9564.jpg
ロバもいました。

それにしても、なぜホテルに馬? よほどのブルジョアが遊びに来たりするんだろうか? などと不思議に思っていましたが、その謎は結婚式にて明らかとなりました。

CIMG9419.jpg
そう、新郎新婦のための馬車をひくのです。

CIMG9420.jpg
こっちを向いてくれました。かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい。

結局、結婚式が終わった後もよね爺さんはお馬さんとふれあっていましたとさ。

CIMG9467.jpg
披露宴の様子。

その後深夜4時まで続く披露宴で何があったかはさておきとして翌日。結婚式を終えて目的は果たしたはずなのになぜか旅は続き、次は地方都市モレリアへ出発です。モレリアの町の中心で伝統工芸に触れ、ちょっと贅沢なお土産を買って夏の稼ぎを吹っ飛ばすなどなかなか激しい初日を過ごし、翌日は滞在先のパパが所有しているアボカド畑を見学しに行くことになりました。

CIMG9679.jpg
広い。
あまりにも広くて当然のごとくすべてを見ることはできませんでした。
さて、農業研修よろしくいろいろ話を伺うのですが、足元を見ると見覚えのあるものがところどころ落ちていてちょいちょい気になります。「いや牛かなとも思ったんですけど。」とよね爺さん。思い切って聞いてみると…







CIMG9696.jpg
やっぱり馬がいました。(多分ポニーです)

かわいいかわいいかわいい。

あまりにも広いアボカド畑を管理するには馬で移動するほうが楽とのこと。そりゃそうですよね。話聞いたら2万らしいです。アルパカ買ってこいとか馬術部の人から言われてましたが、この馬なら買って帰れたかも、なんて思ったり。でも暴れ馬と聞いて速攻やめました。

これ以降はモレリアであんなことやこんなことがあって、メキシコシティにもどってあんなことやこんなことのあと博物館とピラミッドに行くという普通の観光をして日本に戻りました、といういたって面白くもなんともないネタなので端折ります。(でも博物館では馬の歴史もちょろっとありました。↓)
CIMG9803.jpg


「とりあえず馬からは逃げられない」とよね爺さん。よいか悪いかはさておき、馬とは切っても切れない縁にあることを自覚して日本にかえってきましたとさ。ちゃんちゃん。

おまけ

メキシコ滞在中に出会ったのは馬だけではありません。
CIMG9667.jpgCIMG9754.jpg
犬。まめたよりいい子です←。

CIMG9835.jpg
猫。あれ?馬術部と同じ展開?

CIMG9790.jpg
なんとリスまでいるんです。(都会では多いらしいです。)



さてさて、旅行先でも馬(と愉快な動物たち)に会えたのでうれしさのあまり馬(+動物)ネタでブログを書きました。

ということで次回は「夏の思い出 ~総集編~ 」です!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック