東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クオーレ離厩
2016年02月09日 (火) | 編集 |
この度、私吉田が副担当を務めていたクオーレが離厩することになりました。
ここ数ヶ月うちで預かっていた、栗毛に白いひょうたんを乗っけた22歳(セン)です。

クオーレは、額の白い毛が冬毛でもふもふ、ぬいぐるみの手触りでした。
DSC_0101 4
いつも一頭だけ顔出して、外見てました。
あと、外見てないときはゆーらゆーら揺れてました。(揺れる癖=熊癖の軽めのやつ)
クオーレはすごくおとなしい子で、すごくいい子でした。
馬房に帰るまでおしっこ我慢したり(しかも何回も)(我慢しきれないこともある笑)、
調馬索で追い鞭要らなかったり、毎回でなくてもぺろぺろしてくれたり、
にんじん噛みきれなかったり。噛まない蹴らない。呼べば来る(こともある)

はじめて三鷹で放牧した時。
さぁ自由にしな、って引き手を外し、人がポニ輪から出ていこうとしたら、
不安そうにてけてけ付いてきて、人が止まって、を2回ぐらい繰り返した後に
ようやくのそのそ寝返りを打った、ということもありました。

こんな穏やかな子なのに、実は昔GⅢ(カブトヤマ記念)で優勝してたり(びっくり)(ヘッドシップ 馬で検索してみてください)

そんなクオーレは、私が試合に行っている間に離厩してしまったのでありました。
S__3350537.jpg
空っぽの11番馬房を見る度に、クオーレのことを思わずにはいられません。

思い返せば、クオーレと過ごした時間はそう長くはありませんでした。それでも私はクオーレが大好きです。

近くにいられないのはとても寂しいですが、新しい場所で幸せに過ごしてくれていることを祈っています!!
くお_8156
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。