東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 名月通信 増刊号 ~京都小紀行~
2007年03月25日 (日) | 編集 |
さて3月の試合シーズンもいよいよ佳境に
入りました。
スクーリングⅡ、国公立戦も終り
残すは六大戦のみです。
スクーリングⅡではウイスパーで
1mを満点で帰ってくるという
とっても嬉しい結果が出せました。
この勢いで六大の1m10cmも
帰ってきたいと思います。
最近ウイスパーがかわいいのなんのって..ごめんメイゲツ
なにはともあれ 飛べライオン丸!!

VFSH0222.jpg


話題は変わって、
今回の名月通信増刊号では
京都で行なわれた七大戦終了後に
ぷらぷら~と
京都をまわった筆者の小旅行記をお伝えします。

七大戦の終わった3月11日の
午後3時ごろ
荷物を置いてやっとこさ
てぶらのフリー状態になった筆者は
一路、洛南の泉涌寺(せんにゅうじ)に向かいました。
このお寺、数年前に訪ねた時に
霊廟が工事中で見られなかったお寺です。
古くから「み寺」として
多くの天皇の廟を配する泉涌寺は
とても静かで趣のある境内になっています。
この日は風があり、少し肌寒くもありましたが
寺を囲む林が風で揺れるととてもすがすがしい気分に
なりました。
泉涌寺は伽藍も立派ですが、
御座所の襖絵も見所のあるものがそろっています。
特に女官の間の狩野永承「四季耕作の図」などが
とてもおもしろいです。
玉座の間の瑞鳥なんかよりもこちらのほうが光っているように
おもいます。

泉涌寺
VFSH0214.jpg


泉涌寺を観終わると
だいたい京都の拝観時間も終わったので、
徒歩にて京都駅へ。
京都はただ歩いているだけでもいいですね。
帰りに京都タワーに上っちゃいました。何度目だ?
清水さんとかきれいに見えました

VFSH0216.jpg


夜に明石焼きを食べながら大阪の父宅へ行きました。

<3月12日>
この日は車で京都まで出かけました。
関西のドライバーの皆さんは
本当に大胆です。
右折びゅんびゅんです。

さてこの日の最初は
洛北の高山寺。
時期が時期だけに人が
全くいません。とっても寒いし。
川端康成の『古都』に出てくる
北山杉はこの辺です。
高山寺は「鳥獣戯画」
で有名で、明恵にゆかりの深い
古刹。石水院など風格のある
品のあるお寺です。

VFSH0217.jpg


VFSH0219.jpg


VFSH0218.jpg


お次は少し足を伸ばして
高雄山神護寺です。
神護寺は和気清麻呂の寺。
源頼朝の肖像など国宝も多数保有しているお寺です。
山門が立派です。
境内はちょっと大味です。
このお寺の薬師如来像をずっと観たいと
思っていたのですが...
暗くてよく見えん
残念無念

VFSH0220.jpg


ラストは鞍馬寺です。
義経で有名な鞍馬天狗のお寺。
山そのもので
奥地まで行くのは
断念しました。

VFSH0221.jpg


いや~何度来ても
京都は楽しいところです。
                名月通信増刊号終り
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。