東京大学運動会馬術部のブログ。部員たちが交代で勝手気ままに更新していきます。HP→http://equestrian.fc2web.com/
 筑波大戦!
2017年02月26日 (日) | 編集 |
1年の勝(スグル)です。2/19に行われた筑波大学戦について報告します。
今回はちゃんとブログ書きます(武蔵野市民のブログ参照)。

筑波は遠くて移動が大変そうだなぁと思っていたのですが、山本さんの提案でレンタカーを借りて優雅にドライブすることになりました。レンタカー借りるのも運転するのも全部全部山本さんがやってくれました。ほんとうにありがとうございました。
...僕は免許持ってるんですけどね。3人の尊い命を保証することができないので運転は遠慮させていただきました。

さて、2時間程で筑波大学に到着!学内での移動にバスを使うという噂を聞いていたのですが、それも納得の広さ。肝心の馬場も解放感があって素晴らしい。
筑波1

そんなこんなでいざ試合へ!!

第一競技 ジムカーナ
まずはおはにゅーこと羽生の出番。試合は初めてながらも緊張した様子はなく、いつも通り飄々とした感じでした。大物ですね。
果たして結果は...

羽生文子&桐栄 タイム33.37 3/12位入賞
筑波2

なんといきなり入賞!おめでとう!!初出場とは思えない見事な騎乗をみせてくれました。ポンコツだなんだと馬鹿にされがちな彼女ですが、もう誰もそんなことは言わないでしょう。たぶん。

ジムカーナにはもう一人、僕もエントリーしておりました。普段ポンコツだなんだと馬鹿にしてるおはにゅーに負けるわけにはいかないなとかなり気合を入れて試合に臨みました。

勝健太&桐友 タイム35.13 4/12位
筑波3

が、一歩およばず...。ポンコツは僕のほうでした。しかも今回、馬を怒らせて下乗り中に馬場二周分くらい爆走されました。比較的怖いもの知らずな僕ですが、この時ばかりは「ああ、きっとこの先にがあるんだろうな」と思いました。

自分の出番が終わった直後、なんだか大変な大会だったなぁとか思っていたのですが、本当に大変だったのはここからでした...。


第二競技 クロス障害
こちらには3人目の1年生、遠藤がエントリー。シャノンディール・アラディン号と共にいざ!
...と思いきや1人目にアラディンに乗った選手がかなり派手に落馬してしまい、アラディンはクロスをお休みすることに。代わりに桐翔号に騎乗することになったのですが、彼もまたなかなかの暴れ馬。たくさんの人に興奮しているのか、乗った選手を次々と地面に叩き落としていきます。遠藤の運命やいかに...!?

遠藤陸&桐翔 落馬E
筑波4

なんと3分間の下乗り時間で4回落馬という快挙を達成。まさかの強制棄権になってしまいました(そんなもんあんのか)。
遠藤の名誉のために言っておきますと、この4回の落馬のほとんどは彼の責任ではないんじゃないかなと思えるものでした。実際、第二競技からは落馬祭りでまともに試合進行できない状態がしばらく続きました。むしろ3回落ちてもなおもう一度乗ろうと思えた彼の勇気を称えてあげてください。お疲れ様でした。


第三競技 中障害(80cm)
最後は今回唯一の2年生の山本さん。騎乗する馬はなんとあの桐翔。80cmはクロスよりも手練れの上級生が出場していたようでしたが、それでもかなりの方が落馬していました。
筑波5
↑「ここで落馬しては後輩にかっこがつかん!」と意を決して桐翔号へと向かっていく山本さん

周りの他大の方々は「桐翔での完走は厳しいだろう」という雰囲気でしたが、僕ら1年生3人
は信じていました。それでも山本さんなら...山本さんならきっと何とかしてくれる...!!
そして...

山本雄大&桐翔 タイム46.90 3/6位入賞
筑波6

見事に完走!そして入賞!!ゴールの直後はこの日一番の盛り上がりで、冗談抜きに拍手喝采が巻き起こっておりました。さすが先輩、心の底からすげーなーと思いました。自分も1年後にはそんな風に思ってもらえる先輩になりたいもんです。


最後の余興的にヒューマンレースも開催されました。借り物競争で山本さんが速攻で筑波大の主将を発見して大逆転優勝!
終わりよければすべてよしということで、みんななんとか笑顔で大会を終えました。
筑波大の方々、円滑な大会運営ありがとうございました。

筑波7
応援ありがとうございました!

<おまけ>
最後の写真にチラッと写ってる謎の生物は...?
筑波8
ミニチュアホースのキリンちゃん!
その小さくてもふもふな姿にみんなメロメロでした。いやほんとにあのかわいさはちょっとずるい。

筑波9
↑猫のハイちゃんといいかわいい動物ばっかりのとても素敵な馬術部でした。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック